千葉県で多汗症治療に成功しました

千葉県にある皮膚科を訪れてみたところ、多汗症であると診断されました

すると、多汗症ではないかと言われました。
そのときは多汗症の存在を知らなかったので、具体的な症状名をあげられたことが驚きでした。
太っているかどうかに関係なく、緊張したときなどに人よりも発汗しやすい人がいるのだと教えてもらったのです。
病院で治療できることまで教えてもらい、家に帰ってから親に相談することにしました。
親もまさか多汗症だとは思っていなかった上に、そこまで悩んでいることに気がついていなかったようでした。
できれば治したいという気持ちを伝えてみたところ、翌週には母の付き添いありで皮膚科に連れて行ってもらえることになったのです。
多汗症を診てくれるとインターネットに書いてあった千葉県にある皮膚科を訪れてみたところ、保健室の先生から言われた通り多汗症であると診断されました。
治療の方法は色々とあって、塗り薬や飲み薬を使ったり、それでも効果がなければ注射を行ったりするという説明を受けたのです。
注射をすることになったら嫌だと思っていたのですが、取り敢えずは飲み薬から試すことになりました。
早速処方された飲み薬を飲み始めてみたところ、数日後授業で発表する機会がありました。

中学生の頃から汗に悩まされていました : 千葉県にある皮膚科を訪れてみたところ、多汗症であると診断されました : 保健室の先生には感謝してもしきれません